12月

もう12月だなんて、師走だなんて、信じられない。夏から知らぬ間に時が経った。確かに寒くはなった。暖房もつけてる。でも暦の感覚がなかった。またひとつ歳をとり、街は華やぐ月。どうってことなく年が明け、そうか、テレビを見なくなったから世間の感覚がないんだ。あの部屋に居たくないから。見ないなら見ないでまたどうってこともない。ネットでニュースをチラ見するくらい。考えがまとまらないというのは、深くまで降りられない、ぷかぷか水面を、あっぷあっぷしながら泳いでいる。深くまで、潜れない。眠いのが嫌だから、朝、薬を飲まずにいたら、夜やけ食いしていた。なんだか不安定になって、イライラもするし、やっぱり飲んだほうがいいのかと。そしたら今日は眠くてたまらなかった。閉店間際のスーパーで、ほとんどお菓子ばかり買い漁り、食べ始めるときは幸福。好きなだけ食べられる、口を埋められる、と思っても、しばらくしたらもう気持ち悪い。ジャンクフードから遠のいていた。おいしくないやー何やってんだろとバカらしくなる。結局食べきれなかったお菓子を実家に置いてきた。燃えるゴミの日だったが捨てるのもなんだし。だけど取っておきたくもない。胃は膨れ上がって風船になりそうだし、いつもならよく効く漢方がなかなか効かず便秘だったからこんな羽目になった。出るものが出なくて腹が立った。暗室作業するとほとんど座りっぱなしだから運動不足に拍車がかかる。今日は絶食しようかと思ったが夕方コンビニのサンドイッチを食べる。100%だというのに酸っぱくないオレンジジュース。食べもののことを書いているとお腹が空いてくる。口を埋めるもの。フェラチオと同じか。お乳を吸って、指をしゃぶって、舌は補助的。帰りたいと思うのか。

広告を非表示にする