ミサイル

ヨガが必要だ。瞑想が。静まったと思ったのが刺激を受けるとまたザワザワし出す。今は簡単なストレッチしかやってない。DVDは50分ある。途中休んでいてもいい。でもなぜだか時間がとれない。時間がないわけじゃなく、やりたい作業はたくさんあるし知りたいこと本も読みたい。見なくていいものまで見てしまう。見なくていいもの。アラーキーの言葉で、好きなものだけ撮ってればいい、写したくないものは切ればいいというのがあった。とてもシンプルな言葉。ただ撮りたいと思ったものを撮る。なにも考えない。ただ適当に撮りすぎてるなとは思う。見なくていいもの。なんでも撮りたくなるのはカメラマンの性と言っていた人もいた。いろいろな種類の人がいる。日本の報道は遺体を隠す。でも外国ではそのまま流してたりする。手錠もそうだ。あれはなんでモザイクをかけるんだろう。性器もそう。映画の場面が台無しになったりする。いつだったか、お葬式で記念写真を撮ったり、映像に残したりするのが流行っているというニュースがあった。棺桶に入った人の顔を写メで撮るとか、私には考えられなかった。わりと最近の親戚の葬式で、故人や家族のことをべらべら語る演出とか、年下のいとこの結婚式とか見てると、もう明らかに感覚が違ってきているのかと思ってしまう。同じ世代の中でも自分の異物感を感じてきたというのに、さらに時代は変わっている。どこへ行くんだかわからない。北朝鮮のミサイルが、軌道を間違ってここに落ちてくるかもしれないから、死ぬ用意をしたほうがいい。という一つの文章ができる。交通事故に巻き込まれる、工事現場で何かが頭の上に落ちてくる、出かけているときに古いビルで大地震にあう、火事で逃げ場がなくなる、通り魔に突然刺される。いろんな想定ができるが、ミサイルが突然降ってくるは一番現実離れしていて、それでいて他のものよりインパクトがある。ちょっと心静かに瞑想でもしようかって気になる。今日は信濃町からACTに行って四ツ谷駅から帰ってきた。特別気温は高くないが、湿度が高く熱中症気味になる。帰ってきたら喉に異物感があり、ぼこぼこになってたから慌てて葛根湯を飲む。処方の六君子湯とビタミン剤も飲む。喉は私のウィークポイント。腫らすとめんどくさい。結論に至らない。もう休もう。

広告を非表示にする