エネルギー

日々であれヒビであれ考えの羅列にはしたくない。エネルギーがいつ湧き上がるかは自分でもまったく予測不能で、セルフポートレートを撮った。2本そろったので現像もしてみて、とりあえず現像は大丈夫なよう。現像液作ってから3ヵ月経っていたので不安だった。今日は朝からなんとなく気分がよかった。昨日ラインしてみたのがよかったのかもしれない。もう連絡しないほうがいい、関わらないほうがいいと思っていた。でも誰かと話したい欲求ってのは知らない誰かとチャットしたぐらいじゃおさまらないし、警戒心ばかり強くなって知らない誰かなんて信じることもできないのだった。反応は相変わらずで特に心配してくれるでもないが、髪を切ったと言ったら想像できませんねーとか言っていた。中身は変わらないのに男みたいになって変な感じはまだあるが、夜遊びの誘惑とかNに会うのも今のところ考えられなくなった。なのでたまにラインしてみるのは孤独の慰めになるだろう。それでなんとなく出かけられそうだったから仕度もすっかりしてどこ行こうかなどういう経路で行こうかなと調べてるうちにまたどっと疲れてしまって結局やめてしまった。ウジウジしている自分に怒りが込み上げてきて、その怒りのエネルギーが写真を撮るということに変換された。ただただ自分に腹が立つ。これも立派なエネルギーなのか。以前展示をした時に、写真がはけ口になってると言われた。それが今でも心に突き刺さっている。はけ口でいけないのか、とも思うし、写真には抑制的な、冷徹な視線が必要だとも思う。今は写真についてとかあまり考えたくない。やっている過程で思うならまだしも、まだ何もできてないんだから。とにかくエネルギーが湧きあがったのはうれしいことで、どういう形になったかまだわからないけど達成感はあった。そのおかげか未だに気分は軽い。撮った直後は疲れて寝てしまったけど……。4枚のプリントはただ今フラットニング中。大型本が活躍している。出かけたかったのはとても気になった展示。行けても行けなくても、巡り合わせというもの。

広告を非表示にする