ダルイ

ダルクテダルクテしまいには腹立たしくなってくる。昨日新しくつくったセーフライトを使い部屋でのプリントをやってみた。夜動けるのかそれが一番問題だった。まず何か食べないといけないと思い早めの夕食。そこでもう断念しかけたがプリント計画もちゃんとつくったんだし、無理やり起き上がる。夜だから電気を消せば真っ暗になると思ったら、そんな近くには街灯など無いはずなのに、カーテンの隙間から明かりがもれてくる。目が暗闇に慣れると、だんだんはっきり光も見える。印画紙を置いて感光しないかテストしてみる。1回目はグレーになって2回目は大丈夫そうだった。セーフライトが近すぎたのか、隙間からの明かりか、わからないけどあまり準備に労力をかけてもと思いやっとプリント。久しぶりなので手順を確認しながらゆっくりやる。エアコンのお蔭で快適にできる。薬品のバットを地面に置いてやるので、姿勢が悪くなるのが難点。試し焼きを除いて4枚しかプリントできなかった。疲れを感じてきたらすぐやめようと思って、今回は準備に時間がかかったので仕方ない。水洗も翌日にまわす。朝、自分を洗うか水洗をやるか迷い、まず風呂に入った。それから水洗、片付け。水を切って干す。しゃがんだり立ち上がったりで立ちくらみが激しい。暗室に干すよりよほどいいと思い部屋に貼ってあるタコ糸に吊るす。こんなに疲れてるのにこれしかできなかった、しかもあまりよさそうに見えない。脱力感。以前のように長時間はできないだろうからもう地道にやってくしかない。スキャナーでイメージを確認できるので、とにかくプリントしなければという焦燥感は減ったが、やはりスキャンしたデータとプリントは別物。スキャナーはネガの情報を正確に読み取ってくれるけど、私は物体が欲しくなるみたい。手に取れるもの。だからフィルムをやっているってのもある。データをプリンターで印刷してみるのも手に取れるものとしては面白いし、別の可能性も感じる。確かトゥオンブリーはポラロイドを拡大コピー?して作品にしていた。またプリントをやる気になったのは今までのものからいいと思うものを選び出して眺めていたらやっぱりいいと思えたから。こういうのに出会うのはたくさんプリントするしかないのかな。現状の体力と……いろいろ考えてしまう部分はあるけど。パソコンの画面と紙とを分けたい。気が張っているのがちょっと途切れるとすぐにやってくる疲労感。なんでだか分からない。あまり考えているのはよくない。

広告を非表示にする