再編

プリントの分類を終わらせホームページの再編をした。問題なのははっきりしたテーマがないこと。言葉が重要なのはわかっている。ひとの展示を見る時でも写真家の示す文章を読むと理解が深まる。でも難しい。まだはっきりしたものがない中で、いい加減に言葉にしてしまうことにためらいがある。論理的に文章を書くことが私には難しい。写真をいくつかのグループに分けて数字をふっただけ。一度タイトルをつけたけどやめてまた数字にしてしまった。今、一枚一枚にキャプションをつけられることに気付いた。言葉は必要な時もあれば余計な時もある。先日見たインスタレーション的展示は言葉が多すぎると思った。見る、というより感じるのに邪魔になる。言葉はつけなかったが並べる順番はとても考える。イメージの序列。フィルムカメラを買ってわりとすぐに撮ったやつが採用されたりしている。進歩がないのか。以前のネガを見返せばプリントしたいものが山ほど出てくるんだろうな。以前選んだものと今選ぶものは違うだろうから。プリントし直したいのも山ほどあるし。そしてもう夜遅い。