「カメラ」

昨日一昨日と私にしてはハードだったから今日はゆっくりしていた。でもなんだか疲れている。ネットオークションで買った『ライフ写真講座』が届いて興奮したのか。予想の上をいく立派な本。デザインも秀逸。文章も分かりやすく、紹介される数多の写真家の作品を見ているだけでも楽しい。15巻あって、とりあえず「カメラ」から始める。無味乾燥なカメラの構造説明から入るのではなく、大写真家がいかに写真を撮るようになったかとか、写真の多様性、意義などから始まるのが素晴らしい。これなら退屈な勉強にならずに済みそうだ。その後もちろんカメラやレンズの原理とかの説明もあるんだけど、図版や図解のデザインなんかもとてもかっこよくて、うれしくなる。頑丈なケースもついて15巻揃うとかなりな重量。かなりスペースも取るので、暗室のテーブルの下に並べた。この部屋は広いようでどうも有効利用できてない。ヨガができるくらいのスペースがあいてるのはいいことだけど、もうちょっと収納をどうにかせねば。このまま朽ちてゆくのかな。そんな不安もよぎる。昨日はまた石神井公園で撮影して、歩いていたら魚の死骸が道端にあった。池からなんで陸にあがっているのかわからないが、目玉がなくて、もう数日経ってるのかもしれない。数秒間見つめてから、急いで一枚だけ撮って逃げるように立ち去った。いけないことをしている感覚なのか、人に見られるのが恥ずかしいのか。野鳥を観察する人、ウォーキングする人、咲き始めの桜を楽しむ人。そんな中で特に何もない水面や木や岩を撮っている。自分では何かあると思って撮っているのだけど、人からは変に思われるだろう。黙々と撮っているようで、無用な気疲れをする。メイラックス1錠では、こういう日はきついみたい。デパスは都心に出かける時だけ、としてもそもそもたまにしか出かけないので、精神的な辛さを感じたときは1錠飲むことにする。スマホをやめて少しは集中できるようになったか。しかし今度はツイッターやホームページもやめたくなってくる。ホームページはたいして更新していない有様。爪の赤を落とそう。足はいいけど。