読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離脱

ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれないように、人間も人間とのコミュニケーションでしか成長できない、とチェ・ゲバラの名言集にあった。私はなんでも真に受けてしまうところがあって、だから私は成長できないんだなと納得する。自分で自分を貶めることは他人にとっても不快だし何の益にもならない。自分の性質を受け入れて客観的に見究め判断することが重要だ。なんて考えてみる。客観的に。今日はまた違って、これはデパス離脱症状なんじゃないかと思えてきた。症状の項目にあてはまる。そこらへんに一錠でも転がってやしないかと探してみるがないものはない。Nに会いに行きたいのに。気持ち悪さは昨日ほどではなかったが、この前病院でもらった違う薬が少しでも効くんじゃないかと思って飲んでみたら、眠たくてだるくて起きていられなくなってベッドに入ってしまった。飲んだことを後悔した。やはり安定剤がないとダメな人間なんだ。でも極力頼らないようにする。誘惑に弱い、とか言ってられない。私は少しも記憶できない、すぐ忘れてしまうから、手帳にもっと細かく書いておくことにした。体調だけじゃなく、飲んだ薬ややったこと、その日の出来事とか何でも。予定も何もないおかげで書く部分はたくさんある。手帳なら持ち運ぶのも邪魔にならないし、保存しておいてもいい。ヨガで筋肉痛。でも無理しない感じで今日もやった。やっと休日が終わる。しかもお彼岸で、お線香もあげにこないからさっき母親から失望の電話があった。親に失望されているというのはなかなか重たい。期待、重圧が重たくて失望も重たいとはどういうことか。重苦しい。現実の中で生きなくてもいいよ、とか言ってくれる人いないかな。