からっぽ

気持ち悪くて起きていられない。布団に入っても温まらないのはどういうことだろう。なんだかやり切れない。布団は体を温めてくれるものだろう。寒さを感じることが多くなった。一度冷えるとなかなか温まらない。薄着でいるのがいけないと言われそう。それとも運動不足か。ストレッチすら続かない。今の私はからっぽだ。今のことを考えていても、突然過去の自分が立ち上がってくる。黒歴史とか言うのなら、私の全部が黒く塗りつぶされている。白くあったことなんかない。白いのは肌だけ。これがいつまでも私に付きまとう。散歩にでも出てみればいいのかもしれない。目的も無く出かけるのは苦手だ。無防備でいることは恐ろしい。何かに守られていないと、存在していいのかさえわからなくなる。何を信じればいいのか。体調が悪いとなんやかんや弱気になる。また日曜の人に会えるのか不安になる。私はどこに行ったの。写真家になるなんて勘違いだった。