mail

無為はすぐにやってくる。油断してると落っこちちゃう。本棚までの導線確保。服だけじゃなく他のものも整理しないと。どんどん溜まっていくプリントや試し焼きをどうしたもんだか。箱がたくさんある。小さいのや大きいの。箱だらけ。昨夜突然サトって急回復して日曜の人にメールしたら会話が通じた。話さないとダメだなとつくづく思うがこんなのいつもできることじゃない。ダメなときはダメダメだけど面白い時はすごく面白いから、ひどいひどいと思ってもメールしてしまう。風邪が治らなくて咳がひどくて、でもタンが絡まなくなってきたから大丈夫だろうか。外出するとき常にマスクをしていたらマスクに慣れた。今までバカみたいにマスクしている人が多いと思っていたけど、意外に快適。普段隠せない顔を隠せる安心感があるのかも。逆にマスクなしで出かけるのが怖くなりそう。誤解はなくなったと、まだ完全には思えないのが悲しい。まだ会ってから1年くらいだし、そんな簡単に他人のこと理解できない。「さざなみ」という熟年夫婦の恐ろしい映画もあった。他人は所詮他人で、親だって恐ろしいほど私のことをわかっていない。メールを待ってる。来ないなーって思ったときに来るメール。